ラーメン好きの終りなき旅Ⅱ final・・・

石川、金沢を中心とした美味しいラーメン店の紹介です。

60 years have passed! Even now, the time is ticking in the best condition ... Seiko Chronos

さて・・・これでアンティーク編は終わりにしようか、、、

今回のコレクションはこちらのセイコークロノスSeiko Chronos

f:id:dhi-onn131:20220220115621j:plain

1958(昭和33)年 第二精工舎の独自設計による初の本中三針(センターセカンド)で、諏訪精工舎の「マーベル」を意識して、より薄くより高性能の時計を製作したのがクロノス
 

亀戸セイコーというのは長いSEIKOの歴史の中で分割された会社です。

別名で言えば第二精工舎と呼ばれていたことでも有名ですね。

諏訪セイコー、亀戸セイコーといった別会社として分離をしていたため、設計生産も別だったようです。

出していたブランドにも違いがあり、「キングセイコー」「クロノス」「ユニーク」などを生産していました。

キングセイコーは特に有名ですね。グランドセイコーと共に生まれ共に切磋琢磨していった日本を代表する素晴らしい時計です。

亀戸セイコーの高級機として有名なキングセイコーですが、次いで準高級機であったのがクロノスでした。

元々キングセイコーの基礎にもなった機種だけあり非常に秀逸で綺麗なデザイン、現代にも十分通用する精度の高さ、極限まで無駄を削ぎ落とされたケース厚など総合的にとても高いレベルでまとまった逸品です。

f:id:dhi-onn131:20220220115637j:plain

f:id:dhi-onn131:20220220115653j:plain

この当時ベルトはすべて皮製のベルトでした、僕はあえて当時物の金属ブレスを探し装着してみた。

メーカーは社外品だか凄くマッチしてて気に入ってます。

f:id:dhi-onn131:20220220115705j:plain

f:id:dhi-onn131:20220220115719j:plain

僕の所有してるセイコークロノスは1958年 昭和33年製の腕時計
ちなみに当時の物価を簡単に紹介すると 大卒初任給が9200円。
この時計は当時8500円で販売されたそうです,今の物価に換算すると194000円ぐらいか・・・高っ!
でもヤッパこの時計が意外に正確に時を刻んでます。これからも僕と供に生きよう。